株式会社AGSコンサルティング

良質な情報を駆使して
日本一のハイクオリティ・アカウンティング・ファームへ

株式会社AGSコンサルティング

日本一のアカウンティング・ファームを目指して1970年に創業したAGSグループ。会計・税務業務を中核に、M&A、IPO支援、企業再生支援、国際業務、事業承継と、多方面から経営サポートを行っています。当グループの中で会計コンサルティング事業を担っているのが株式会社AGSコンサルティングです。企業内部の現場で、きめ細やかなコンサルティングを行うためには、日々鮮度の高い良質な情報を把握しておく必要があります。


目的

・AIを活用した情報収集効率化


課題

・チームの情報収集能力の底上げ


効果

・情報収集業務から主業務へのシフト

日々、情報感度が高いクライアントと向き合い
良質なサービスを提供するには情報収集は欠かせない

【取材にご協力いただいた方】

代表取締役社長  廣渡 嘉秀様


AGSコンサルティングについて

AGSグループは、公認会計士61名、税理士78名を擁するアカウンティングファームです。現在法人2,200社・個人930名のお客様に向けて会計や税務に関するサービスをご提供しています。当社はその中で会計コンサルティング事業を担当しています。国内には、7万件の会計事務所が存在すると言われていますが、病院にたとえると会計事務所は身近な「町の診療所」であり、一方、監査法人は専門性の高い「大学病院」の位置づけです。私たちは、この間を取り持つ領域、すなわち「総合病院」の会計事務所としてお客様をサポートしています。

各方面から情報を収集し、スピーディな対応を実現

私たちの業界はITと縁遠い世界だと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、お客様の期待に応えるスピード感で業務をこなすために、ITは必要不可欠です。実際当社では、3年前から経営層や企画部門が中心となって、AIの活用にむけた検討と、AIベンチャーへのアプローチや業務提携交渉を積極的に行ってきました。ストックマーク社もその中で出会った一社で、CEO林さんから、AnewsによるAIによる社内やチームの情報収集業務効率化のご提案をいただきました。情報収集をAIで効率化するビジネスパーソンの根本的な課題に取り組むサービス切り口や、トライアルをしてみて、AIよる記事のレコメンデーション精度の向上等、技術力の高さを評価して、Anewsの導入を決めました。
当社は幅広い業界・業種のお客様を有しており、またお客様ご自身がとても情報感度の高い方ばかりですので、網羅的かつ効率的に最新情報を入手できるAnewsは弊社の業務にとっても不可欠なサービスとなっています。

Anewsで情報感度のばらつきを防ぐ

Anewsを導入する前までは、新聞や情報専門誌などから情報を入手していました。あとは、各担当者がクライアントの求める情報をウェブから入手し、関係者間で共有していましたね。しかし、この方法は会社が成長し、組織の規模が拡大していくとどこかで限界を迎えることは明白で、常々課題意識を持っていました。大きな組織になればなるほど、各個人の情報感度にばらつきが生じますし、社内で情報を共有するという意識が薄れてきます。実際当社はここ数年で社員数が3倍となり、急激に規模が拡大していますので、いつかこうした課題に直面するはずです。Anewsが用意している、いいねやコメント等のコミュニケーション機能を活用するとメンバーが同じ情報を取得、共有できますので、チームでの情報感度の底上げを図っていきたいと考えています。

社内で幅広く活用
積極的なAnewsの利用で情報共有が進む

AIに情報収集は任せて主要業務への注力を

当社では、企画部門や他の部門長を中心にAnewsを活用しています。特にM&Aに関わるメンバーが、重宝しているようです。新聞に出ていないM&Aの情報がAnewsで収集できるため、積極的に活用している姿が見受けられます。クライアントと直接関わる部門では、これまで十分に取り切れていなかったクライアントに関わる鮮度の高い情報をAnewsで入手しています。お客様への話題提供にも一役買っていると聞いています。
また、導入して半年が経ち、Anewsの利用率が日に日に高まっています。配信される記事を読むだけではなく、Anewsに自身の興味関心データを覚えさせ、欲しい情報を取りに行くという姿勢に変わりました。こうした姿勢によって、取得した情報を他のメンバーに共有するという事例が格段に増えました。情報が共有されることで、これまで情報収集に使っていた時間が大幅に削減され、その分主要業務である会計・税務・コンサルティング業務にあてることができたメンバーもいます。今後も可能な限り情報収集業務はAnewsに任せて、私たちは主要業務に注力して参ります。

Anewsへの期待

Anewsは利用すればするほど、ユーザーの志向を学習し、より弊社にとって重要度の高い情報を配信してくれます。ユーザーが積極的に活用できるよう、さらに利便性の高いサービスとなることを期待しています。導入社数も増えて。各社から要望が届いていると思いますが、ぜひ柔軟に意見を取りいれていただければと思います。

社名 株式会社AGSコンサルティング
事業内容 マネジメントサービス、事業承継支援、企業再生支援、IPO支援、  M&A支援、国際業務支援
設立 1970年(設立:1988年)
従業員数 348名(公認会計士61名、税理士78名)2018年6月現在
URL http://www.agsc.co.jp/

良質な情報を駆使して
日本一のハイクオリティ・アカウンティング・ファームへ

株式会社AGSコンサルティング

日本一のアカウンティング・ファームを目指して1970年に創業したAGSグループ。会計・税務業務を中核に、M&A、IPO支援、企業再生支援、国際業務、事業承継と、多方面から経営サポートを行っています。当グループの中で会計コンサルティング事業を担っているのが株式会社AGSコンサルティングです。企業内部の現場で、きめ細やかなコンサルティングを行うためには、日々鮮度の高い良質な情報を把握しておく必要があります。


目的

・AIを活用した情報収集効率化


課題

・チームの情報収集能力の底上げ


効果

・情報収集業務から主業務へのシフト

日々、情報感度が高いクライアントと向き合い
良質なサービスを提供するには情報収集は欠かせない

【取材にご協力いただいた方】

代表取締役社長  廣渡 嘉秀様


AGSコンサルティングについて

AGSグループは、公認会計士61名、税理士78名を擁するアカウンティングファームです。現在法人2,200社・個人930名のお客様に向けて会計や税務に関するサービスをご提供しています。当社はその中で会計コンサルティング事業を担当しています。国内には、7万件の会計事務所が存在すると言われていますが、病院にたとえると会計事務所は身近な「町の診療所」であり、一方、監査法人は専門性の高い「大学病院」の位置づけです。私たちは、この間を取り持つ領域、すなわち「総合病院」の会計事務所としてお客様をサポートしています。

各方面から情報を収集し、スピーディな対応を実現

私たちの業界はITと縁遠い世界だと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、お客様の期待に応えるスピード感で業務をこなすために、ITは必要不可欠です。実際当社では、3年前から経営層や企画部門が中心となって、AIの活用にむけた検討と、AIベンチャーへのアプローチや業務提携交渉を積極的に行ってきました。ストックマーク社もその中で出会った一社で、CEO林さんから、AnewsによるAIによる社内やチームの情報収集業務効率化のご提案をいただきました。情報収集をAIで効率化するビジネスパーソンの根本的な課題に取り組むサービス切り口や、トライアルをしてみて、AIよる記事のレコメンデーション精度の向上等、技術力の高さを評価して、Anewsの導入を決めました。
当社は幅広い業界・業種のお客様を有しており、またお客様ご自身がとても情報感度の高い方ばかりですので、網羅的かつ効率的に最新情報を入手できるAnewsは弊社の業務にとっても不可欠なサービスとなっています。

Anewsで情報感度のばらつきを防ぐ

Anewsを導入する前までは、新聞や情報専門誌などから情報を入手していました。あとは、各担当者がクライアントの求める情報をウェブから入手し、関係者間で共有していましたね。しかし、この方法は会社が成長し、組織の規模が拡大していくとどこかで限界を迎えることは明白で、常々課題意識を持っていました。大きな組織になればなるほど、各個人の情報感度にばらつきが生じますし、社内で情報を共有するという意識が薄れてきます。実際当社はここ数年で社員数が3倍となり、急激に規模が拡大していますので、いつかこうした課題に直面するはずです。Anewsが用意している、いいねやコメント等のコミュニケーション機能を活用するとメンバーが同じ情報を取得、共有できますので、チームでの情報感度の底上げを図っていきたいと考えています。

社内で幅広く活用
積極的なAnewsの利用で情報共有が進む

AIに情報収集は任せて主要業務への注力を

当社では、企画部門や他の部門長を中心にAnewsを活用しています。特にM&Aに関わるメンバーが、重宝しているようです。新聞に出ていないM&Aの情報がAnewsで収集できるため、積極的に活用している姿が見受けられます。クライアントと直接関わる部門では、これまで十分に取り切れていなかったクライアントに関わる鮮度の高い情報をAnewsで入手しています。お客様への話題提供にも一役買っていると聞いています。
また、導入して半年が経ち、Anewsの利用率が日に日に高まっています。配信される記事を読むだけではなく、Anewsに自身の興味関心データを覚えさせ、欲しい情報を取りに行くという姿勢に変わりました。こうした姿勢によって、取得した情報を他のメンバーに共有するという事例が格段に増えました。情報が共有されることで、これまで情報収集に使っていた時間が大幅に削減され、その分主要業務である会計・税務・コンサルティング業務にあてることができたメンバーもいます。今後も可能な限り情報収集業務はAnewsに任せて、私たちは主要業務に注力して参ります。

Anewsへの期待

Anewsは利用すればするほど、ユーザーの志向を学習し、より弊社にとって重要度の高い情報を配信してくれます。ユーザーが積極的に活用できるよう、さらに利便性の高いサービスとなることを期待しています。導入社数も増えて。各社から要望が届いていると思いますが、ぜひ柔軟に意見を取りいれていただければと思います。

社名 株式会社AGSコンサルティング
事業内容 マネジメントサービス、事業承継支援、企業再生支援、IPO支援、  M&A支援、国際業務支援
設立 1970年(設立:1988年)
従業員数 348名(公認会計士61名、税理士78名)2018年6月現在
URL http://www.agsc.co.jp/

Get in touch

Yay! Message sent.
Error! Please validate your fields.